「CAFE EURO」様 - 粉雪食感スイーツ「スノーパウダー」の総合メーカー - BARSKOREA(バースコリア)

【受付】平日9:30~18:3003-6435-6157

  1. HOME>
  2. 導入事例>
  3. 「CAFE EURO」様

導入事例 「CAFE EURO」様(東京都 カフェ)

秋葉原電気街、通商ジャンク通りの中央で鮮やかな緑色の外観が目を引く「CAFE EURO(カフェユーロ)」。
クレープとアイスクリームの甘い香りに誘われ、秋葉原の人々が足を止め一息つく憩いの場として人気のカフェです。
今回は、オーナーの鞭木様にスノーパウダーマシン導入の経緯を伺います。

 ※同種のスノーパウダー製造機の事例となります。

店舗情報

店舗情報 CAFE EURO カフェユーロ
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目10−5 イサミヤ第3ビル 1階
営業時間 AM9:00~19:00 (元旦のみ店休)
問い合わせ TEL.03-5295-1600

スノーパウダーマシンのかき氷機を検討されたの背景について教えてください。

再度かき氷への挑戦

6年前の夏に一度、昔ながらに氷を削るタイプのかき氷をお店で提供したことがあります。
しかし、氷の調達、管理や保存があまりに大変で1シーズンでやめてしまいました。それから何年も経ち、スノーパウダーマシンのかき氷機の存在を知りました。
氷を仕入れる手間もかからず、保管に苦労することもないので、これならできる!と思いました。



弊社はアミューズメント事業が本業ですが、新しいことを仕掛けて、お客様を常に喜ばせたいという気持ちがありこのカフェを始めました。
だからこそ、次なる新しいこととしてスノーパウダーマシンでまたかき氷に挑戦しようと思いました。

スノーパウダーマシン導入の決め手は何でしたか?

始める手軽さが決め手

新しいことを仕掛けたい!でも日々の営業を一番に考えると、手間や時間が掛かることを始めるのは難しいと思っておりました。
その点でもスノーパウダーマシンのかき氷なら、うちの店のクレープやアイスクリームと同じソースやフルーツを使えます。
かき氷の為に新たに仕入れたものは1つもなく、全てある物で始めることができる手軽さで、導入を決めました。

導入後、スノーパウダーマシンの機械について何か思ったことはありますか?

簡単なオペレーションが良かった

大きく複雑な機械を想像していましたが、実物は想像よりコンパクトな機械でした。
氷を作るのもクリーニングも、1つのボタンでできるというオペレーションもとても簡単で良かったです。うちのお店はアルバイトの子が昼間1人でお店を回すこともあります。
ですので複雑な手間などをかけることをするのは、なかなか難しいと言うのが正直なところでした。スノーパウダーマシンはその点、楽で手軽でしたので良かったです。

メニューへのこだわりを教えてください。

日々生まれるアイディアを反映させたメニュー

メニューは従業員が日々のお客様の反応などから、ひらめきを受け、試行錯誤して考えてくれています。
常にアルバイトを含めた従業員から、メニューの提案や試作品のアイディアを募集しています。 かき氷も来年はもっと販売していきたいので、そのためのメニューや値段の改定を行う予定です。
お客様も従業員も含め、みんなの意見をスノーパウダーマシンのかき氷には反映できると思うので、来年は新たなメニューも加え飛躍させたいです。

最後にお客様へ一言お願い致します。

うちのお店のふわふわで優しい甘さのかき氷を食べてみて、従来のかき氷のイメージとは全く違う食感を楽しんで下さい。
数十種類のクレープやアイスクリームもあるので、ぜひ一度秋葉原に来た際には、足を止めて、休憩しにお越しください。

取材を終えて

アットホームで落ち着くオシャレなお店で、従業員の方々の優しい雰囲気が印象的でした。
かき氷だけでなく、クレープやアイスはどれも美味しそうで、そのメニューを全て従業員の皆様が考え提案しているということに驚きました。
新しい仕掛けでお客様を飽きさせない取り組みには、社長のエンターテインメント性とお客様への温かい愛を感じます。日々進化しているカフェユーロで、次はどんな新しいものが生まれるのか楽しみです。オーナーの鞭木様をはじめ、カフェユーロの皆様、今回は取材の貴重なお時間頂きありがとうございました。