「I's covo」様 | 粉雪食感スイーツ「スノーパウダー」の総合メーカー - BARSKOREA(バースコリア)

【受付】平日9:30~18:3003-6435-6157

  1. HOME>
  2. 導入事例>
  3. 「I's covo」様

導入事例 「I's covo」様(愛知県 カフェレストラン)

愛知県南知多ICから車で10分、内海の隠れ家的カフェ「I's covo(アイコボ)」。
広々とした店内には穏やかな時間が流れ、地元の人々のお腹と心を満たしてくれます。
ドッグカフェとしてワンちゃん連れのお客様にも、人気のスポットです。 今回は店長の今枝様に、スノーパウダーマシン導入の経緯を伺います。

 ※同種のスノーパウダー製造機の事例となります。

店舗情報

店舗情報 I’s covo アイコボ (2015年7月オープン)
住所 〒470-3321 愛知県知多郡南知多町内海長城21-8
営業時間 AM9:00~20:00(L.O. 18:00)水曜・木曜定休日
問い合わせ TEL:0569-77-3939

スノーパウダーマシン JAPANのかき氷機の導入を検討された背景を教えてください。

お店の看板メニューとして新食感のかき氷を

今年の7月にお店をオープンする際、何か看板メニューになる、目新しい物はないかと探していました。
その時、厨房機器を販売している知り合いに「海も近いし、かき氷なんてどう?」とスノーパウダーマシンのかき氷機を紹介されました。 実際に試食してみて、普段かき氷に興味のない私が、美味しいと感じたんです。
食べやすく、ふわふわな食感の氷の虜になりました。他には無い、新食感のかき氷を地元の人々に向けて発信したいと思いました。

導入に際して、考えたのはどういった点ですか?

ロスなく、一人でも簡単に運用できるかどうか

ロスを少なくすることと、オペレーションの簡単さの2点は重要視して考えました。
氷を削る昔ながらのかき氷機だと、どうしてもロスが出ます。しかしスノーパウダーマシンの機械ならロスはほとんど出ないので、ロスの少ないかき氷機はいいなと思いました。
また、普段私一人で回しているお店なので、オペレーションが複雑で提供に時間のかかる機械は絶対に使えません。ボタン一つで、すぐに氷が作られて出てくるという点も大きな魅力でした。

冬の間は、かき氷メニューはどうされるご予定ですか?

冬バージョンのメニューで勝負

冬は「こたつでアイス」のような感覚で食べていただける様に、小さいサイズにしたり、フルーツ感を出して、
よりスイーツに近づけたメニューで提供しようと考えています。

夏は暑く、海も近いので“かき氷”として、とても好評でした。
リピーターさんや、ふわふわ氷を気に入ってくれているお客さんの為にも、冬用のメニューを考えます。冬場にかき氷を提供しているお店は少ないですが、うちのお店では積極的に出していこうと思います。
それがこの機械ならできると思うのも、一つの理由です。氷を常にストックする必要も無いですし、出る数が減ってもロスが少なく、いつでも同じ物を提供できて安心ですね。

今後の展望について聞かせてください。

地元産にこだわったかき氷にしたい!

ここ南知多は、温暖で地中海に似た気候を活かした、野菜や果物の栽培が盛んな土地なんです。
観光協会さんとも協力して、地元の農家さんの作るフルーツを使ったメニューにできればと考えています。原料の牛乳も地元産で仕入れたいと考えています。
そしていつか、知多半島のふるさとの味のかき氷になりたいです。 スノーパウダーマシンのかき氷が全国に広がったときに、うちのお店が元祖だと言えるように、いい物を沢山の人に広めていきたいですね。

お客様へ一言メッセージをお願いします。

かき氷のカテゴリーから突出したスイーツかき氷です。
季節を問わず提供可能で、アイディアは無限大。自信を持ってオススメできる美味しさです!ぜひ食べにいらして下さい。

取材を終えて

地域密着型で、地元の方を想うメニューや、取り組みが印象的なアイコボさん。
私もたくさん、南知多の地域のことを教えていただきました。また、お客さんとの距離が近く、今枝様の人柄が溢れるお店だなぁ、と強く感じました。
「スノーパウダーマシンを応援したい、もっともっと沢山の人に知ってほしい。」と嬉しいお言葉も頂き、今後のアイコボさんの取り組みからも目が離せません。 今枝様をはじめ、今回は取材にご協力頂き、ありがとうございました。